『同窓生便り』 97回生 三宅 駿 「オールブラックスを目指して」

甲南小学校同窓会の皆様はじめまして私は97回生の三宅 駿と申します。
私は現在ニュージーランドのクライストチャーチに在住しカンタベリー大学の1年生として生活しております。
甲南中学校を卒業後、現地クライストカレッジ高校に入学し2020年1月同校を卒業。現在4年目のシーズンを過ごしております。

甲南幼稚園在学時から地元でラグビーを始めて小学校5年生の時に世界最高峰のラグビー王国であるニュージーランドラグビーに憧れ、ニュージーランド代表(オールブラックス)になりたいと夢を抱き、限りなく叶わぬ夢と知りつつもサポートしてくれる家族と共に「大願成就」を目指して単身頑張っております。

今年開催ミラノで開催予定であった20歳以下のラグビーワールドカップには日本代表として出場予定ではありましたが残念ながらコロナ禍で大会が中止となりました。
現在は現地クラブチームに所属しており10月17日には無事ルーキーシーズンを終える事ができ、今年は19歳以下カンタベリー代表として選出された事が何よりの自信になりました。

2017年2月に自分なりには準備をしていったつもりでしたが渡航当初は言葉がまるで分らず授業にもついていけずに「日本に帰りたい・・・」と思った時期もありましたが、現地の方々やチームメイトの暖かいサポートに支えられて現在では毎日楽しく生活ができ大好きなラグビーをプレーできている事に日々感謝して過ごしています。

甲南小学校在学時の思い出は特に毎朝と放課後に校庭でサッカーをしていたことです。
小さいころからスポーツが大好きだったので毎日校庭や体育館を走り回っていた事が一番の思い出です。水泳でも低学年の頃は得意ではなかった自分が担任の先生などの熱心な御指導のおかげで遠泳を泳ぎ切れたことなどは後々の自信に繋がりました。
また運動会での学年対抗リレーや選手競争も甲南小学校独自の伝統行事は今でも良い思い出になっています。

Canterbury U19 2020.9.26. vol2  2018-08-05 13.12.52

IMG_3331